JAグループ北海道

AGRIACTION!HOKKAIDOAGRIACTION!HOKKAIDO

大地がひとを強くする。

ドラッグストアでマスク不足を感じて、
これが食料だったら、と、
国内生産の大切さに気づいた方がいます。
スーパーで品揃えの回復を目にして、
農業のありがたみを実感した方がいます。
「新しい日常」がはじまっている。
「新しい農業」をはじめなくてはいけない。
私たちはそう考え、この地から
食と農をつなぐアクションを始めようと思います。
それが、日本の食を支える北海道の使命だと思うからです。
アクションに対するリアクションを、お寄せください。
新しい農業は、食卓と産地が、農村と都市が
より深くつながることで生まれます。
いまこそ、大地がひとを強くする。

CONCEPT MOVIE

北海道知事 メッセージ

北海道知事 鈴木直道

新型コロナウイルス感染症の拡大により、都市部で暮らす方々には、長時間通勤や混雑を避けたり、テレワークを始めたりと、暮らしや働き方への考えに大きな変化が起きています。

そして、世界的な人口増加や気候変動など、食料の安定供給のリスクが高まる中、感染の世界的な流行を契機として、一部の国では、農産物の輸出を停止するなど、我が国において、食料自給の重要性が改めて認識されるようになりました。

そうした変化は、多くの方々にとって、農業で働くことを考えたり、本業をやりながら副業として農業を始めたりと、食や農業との関わり方を考える契機となるものと考えています。

また、北海道では、米や野菜、乳製品や肉、果物、魚介類など、安全・安心で高品質な美味しい食べものを、生産者の方々が、豊かな環境を活かして大切に育てています。

そうした地域の産品を食べていただくことは、農林水産業をはじめ、地域の産業を元気にし、さらには、日本の食料自給率の向上にもつながります。

JAグループ北海道の「アグリアクション!北海道」が込めるこうしたメッセージが多くの方々に届くことで、農業を考え、様々な形で農業に関わっていくきっかけとなることを期待しています。

北海道知事 鈴木直道

どうなってん農?HTBイチモニ!「食のチカラ」コーナー連動企画!

北海道の農家さんを突撃訪問!

『若手農家さんって、どうなってん農?』

中富良野町 西村 望さん
(イチモニ!食のチカラ リポーター大野ユリエ)

『農家さんの休日って、どうなってん農?』

中富良野町 西村 望さん
(イチモ二!食のチカラ リポーター大野ユリエ)

vol3
vol4
vol5
vol6