JAグループ北海道

北海道食材のおすすめ献立

手まり寿司の献立

手まり寿司の献立
手まり寿司の献立
  • 主食 手まり寿司
    初期 中期 後期 完了期 おとな

    材料(3~4人分)

    2合
    A
    大さじ2
    砂糖 大さじ1
    小さじ1/5
    1個
    B
    砂糖 小さじ1
    少々
    鮭フレ一ク 大さじ2~3
    カニカマ 3本
    きゅうり 1本
    スライスチーズ 2枚
    ロースハム 2枚
    野沢菜漬け 2~3本
    甘酢しょうが 15g

    作り方

    作り方1 固めにごはんを炊き4等分にする。
    作り方2 3/4のご飯ですし飯をつくる。Aを混ぜ合わせたすし酢を、ご飯全体に回しかけ切るように混ぜる。
    作り方3 残りの1/4量のご飯で野沢菜飯をつくる。野沢菜は葉と茎に分け、茎は細かく切る。葉は包みやすい大きさに切る。
    作り方4 甘酢しょうがをせん切りにし、1/4量のご飯に混ぜ、野沢菜の茎も混ぜる。
    作り方5 ラップに野沢菜の葉を置き、作り方4のご飯をのせてラップで丸くする。
    作り方6 卵を溶き、Bを加えいり卵をつくる。 中期 ここで取り分け!
    作り方7 カニカマはほぐし、きゅうりは薄く輪切りにする。 後期 ここで取り分け!チーズとハムは型抜きする。
    作り方8 ラップに具作り方2のすし飯の順に置き、包んで丸める。

    子供のお手伝い

    ハムを型抜きする

    子供のお手伝い

    中期作り方6で卵をまぜる前に卵黄を取り出し、粗くつぶしお粥に混ぜ煮る。
    後期鮭フレ一クは、熱湯をかけて塩抜きする。きゅうりは1cm長さのせん切りにする。軟飯を器に盛り、炒り卵、鮭フレ一ク、きゅうりを 盛り合わせる。

    • 初期
      つぶしがゆ
    • 初期
      卵のおかゆ
    • 初期
      鮭軟飯
  • 副菜 さつま芋のサラダ
    中期 完了期 おとな

    材料(2人分)

    さつま芋 1/2本
    マヨネーズ 大さじ1
    少々
    こしょう 少々

    作り方

    作り方1 さつま芋は皮をつけたまま1cmの角切りにする。
    作り方2 鍋にさつま芋と水を入れ、柔らかくなるまで茄でる。中期後期 ここで取り分け!
    作り方3 さつま芋の粗熱をとり、マヨネーズで和え、塩、こしょうで調味する。

    子供のお手伝い

    中期作り方2からさつま芋をとりわけ皮をむいてつぶす。
    後期作り方2でさつま芋を取り分け皮を除き、少量のマヨネーズで和える。

    • 初期
      さつま芋のマッシュ
  • 汁物 沢煮椀
    初期 中期 後期 完了期 おとな

    材料(2人分)

    豚ばら肉 1枚
    にんじん 1/4本
    ごぼう 1/4本
    うど 5cm
    だいこん 50g
    さやえんどう 5枚
    だし汁 2カップ
    大さじ1/2
    しょうゆ 大さじ1/2
    少々

    作り方

    作り方1 豚肉は繊維を切るように細く切る。ごぼうはたわしで洗い、長さ4〜5cmのせん切りにし、10分くらい水につけてから、ざるに上げる。にんじん、うど、大根は、長さ4〜5cmのせん切りにする。さやえんどうは筋を取り斜め細切り。
    作り方2 だし汁を煮立て、作り方1の材料を加えて煮る。初期中期後期 ここで取り分け!
    作り方3 野菜が柔らかくなったら、酒、しょうゆ、塩を入れ、再度煮立てる。椀に盛り付け出来上がり。

    子供のお手伝い

    初期作り方2のだいこんとにんじん、だし汁を取り分ける。だいこんとにんじんをすりつぶし、だし汁を加え火を通す。
    中期作り方2のだいこんとにんじん、だし汁を取り分ける。だいこんとにんじんはあらみじん切りにする。色がつく程度にしょうゆで味をつける。
    後期作り方2の豚肉は、刻みすりつぶし、だいこんとにんじんは1cm程度の長さに切る。だし汁をしょうゆで味をつける。

    • 初期
      大根とにんじんの煮つぶし
    • 初期
      大根とにんじんのすまし汁