JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

牛肉加工4品デビュー 地元産ギュウっと詰め 土産や贈答にお薦め/JAオホーツク網走

2016.06.13

オホーツク管内のJAオホーツク網走は、網走市と大空町東藻琴の農畜産物をふんだんに使った4種類の牛肉加工製品を開発した。開発したのは、JA女性部製造のみそを使った「牛と牛蒡(ごぼう)と玉葱(たまねぎ)」「肉みそ野菜」、しょうゆ味ベースの「牛と帆立」「牛とわさび」。地元産を使い、安全で安心できる商品作りにこだわった。

牛肉は東藻琴で肥育されたホルスタイン種。みそは、JA女性部の農産加工研究会が製造する「ノンキーみそ」、タマネギやゴボウなど野菜も地元産だ。のり巻きやオムレツ、麺類、弁当などに最適だという。

東藻琴芝桜公園の売店で、芝桜まつりオープニングイベントがあった3日から販売している。現在は、合同会社大地のりんご(網走市)で、手作り無添加により委託製造しているため数量限定販売。今後、Aコープ東藻琴店で販売する予定だ。

肉加工製品は、いずれも100グラム入り。すでにJAが開発した乾燥麺「春恋うどん」(80グラム)の赤と白の2種類を加えた6品で「まるごとギフトセット」として販売している。セット価格は5000円。

土産や贈答用品として販売する他、網走市のふるさと納税の返礼品としても使用する。

JA販売企画室の臼井英樹室長は「販売先などへの地元産農畜産物のPRや地産地消を図るため、継続して新商品開発に取り組んでいく必要がある」と強調した上で、「オホーツクの味をぜひ堪能してほしい」とPRする。

掲載日:2016/05/19(木) 掲載元:日本農業新聞 掲載面:ワイド2北海道