JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

作った米で料理 小学生と/岩見沢農高

2018.12.27

岩見沢市の岩見沢農業高校の生徒が取り組む食育活動「岩農食農塾」は10月下旬、同校で塾生らが手掛けた米と同校が生産した農産物や加工品を使って、調理・試食会を開いた。小学4年生の塾生11人と保護者、先生役の同校生ら約20人が参加。4品の料理を作り、全員でおいしく試食した。

今回9回目の講義となる調理・試食会では、3班に分かれ調理。塾生らは同塾で田植えと稲刈りをした「ゆめぴりか」や同校が加工したベーコンとハム、同校産野菜のバレイショとタマネギなどを使って、「のうこう豚汁」や「豆腐ハンバーグ」「ポテトサラダ」「フルーツポンチ」の4品を調理した。

塾生らは生徒らの指導を受けながら作業し、慣れない手付きで肉を切ったり野菜を炒めたりした。楽しそうにひき肉をこねたり、涙を流しながらタマネギを切ったりするなど、保護者や生徒らの助けを借りて料理を完成させた。使った調理道具はその都度洗うことなども学んだ。

塾生の清野結依莉さんは「楽しかった。家でもやってみたい」と話した。出来上がった料理を全員で試食を楽しんだ。
掲載日:2018/11/01(木) 掲載元:日本農業新聞 掲載面:ワイド2北海道