JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

食農教育教材本小学校3校に贈る JAびばい

2020.05.26

空知管内JAびばいは3月下旬、美唄市内小学校3校の5年生らを対象にJAバンクの食農教育教材本160冊を贈った。岸定組合長が同市教育委員会を訪問して、天野政俊教育長に手渡した。

寄贈は今年で13回目。JAバンクアグリ・エコサポート基金を使った「JAバンク食農教育応援事業」の一環で、児童と教員用の補助教材本「農業とわたしたちのくらし」に同名のDVDを添えた。

受け取った天野教育長は「教育全体で美唄の産業を掘り起こし、子どもらにフィードバックしたい」と感謝した上で「美唄ならではの農業教育を進めたい」と、JAと連携した取り組みも希望した。岸組合長は「子どもらへの教育の協力は、JAの使命の一つと考えている」と話した。

教材本は子どもらと話し合いながら、自己の考えや理解を深められるよう工夫されている。小さいうちから農業や食などへの理解を育み、農業ファンの拡大や地域の発展に寄与する願いが込められている。

掲載日:2020/ 04/ 07(火) 日本農業新聞 朝刊 ワイド2北海道