JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

道チャレンジ活動で高評価 「おやふる工房」奨励賞

2017.01.17

石狩管内JAいしかりの加工体験施設で農産加工品づくりなどを手掛ける女性グループ「おやふる工房」は、道が主催の「2016年度女性・高齢者チャレンジ活動表彰」で奨励賞を受賞した。宮北貞子代表が7日、石狩市のJA本所で賞状を受け取った。

同工房は9人で構成し、1975年から自家用のみそ造りを始めた。85年には石狩農業改良普及センターの支援を受けて、石狩産米を使ったこうじを手作りし、石狩産100%のみそ製造にも着手した。

10年に「おやふる工房」を設立し、JAの地物市場「とれのさと」に加工体験施設が併設されたのをきっかけに、各種営業許可の取得が可能となったことから農産加工品の商品化に着手した。

12年からは積極的に各種加工品の製造と販売に取り組んでいる。特にこうじは漬物などを作る消費者から人気があり、大口注文も増えている。

宮北代表は「地場農産物を使った加工品の新たな開発をするとともに、消費者や地元小学校を対象としたみそ造り講座などを通して、食育にも取り組みたい」と話した。

掲載日:2016/12/16(金) 掲載元:日本農業新聞 掲載面:ワイド2北海道