JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

食巡り情報一冊に 観光客呼び込み期待/上川振興局

2017.02.22

上川総合振興局は、ホームページ(HP)の「かみかわ食べものがたり」「かみかわフードツーリズム」などで紹介している飲食店舗や観光情報を掲載した冊子版「かみかわフードツーリズム」を初めて発行した。

同振興局は、2010年度からHPの「かみかわ食べものがたり」を公開。農産物の生産、新商品開発時のこだわりや秘話などを掘り起こして掲載している。16年度から、食の力で観光客を招こうと、料理人と生産者の連携が生んだ食べ物や、食と観光を同時に楽しめるスポットの物語を紹介する「かみかわフードツーリズム」も掲載する。

冊子では、HPにも掲載している「美味(うま)っぷ」北・中央・南のエリア、「かみかわフードツーリズム」の取り組み事例全8編に加え、「かみかわ食べものがたり」の全145編で構成する。A4判で16ページ。700部を作成し、今後、観光関連商談会などのプロモーションで活用していく予定だという。

「かみかわフードツーリズム」「かみかわ食べものがたり」のHPもリニューアルした。「かみかわフードツーリズム」では「美味っぷ」を掲載し、新たに4編の取り組み事例を追加した。

「かみかわ食べものがたり」は、旭川市伊勢ファームの「江丹別の青いチーズ」、上富良野町ビーバーファーム北川の「どぶろく 大地を醸せ」の2編を追加した。

掲載日:2017/01/05(木) 掲載元:日本農業新聞 掲載面:ワイド2北海道