JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

次代の食育重要性確認 空知振興局フォーラム

2017.02.22

空知総合振興局は13日、岩見沢市で空知食育フォーラムを開いた。空知の次世代食育リーダー育成を目的とした事業の一環で、食育やグリーン・ツーリズムがテーマ。JA道青協、岩見沢農業高校生などが進める食育事業などを紹介。市民や生産者、関係者ら100人が参加し、農業と消費者をつなげる食育活動の重要性について学んだ。

JA全青協の黒田栄継参与が、農村ホームステイの取り組みについて講演。子どもたちに農業を体験する機会をつくり、食、農の大切さを知ってもらう活動にいち早く取り組んだと報告した。

修学旅行生を受け入れて、農村生活や農作業を体験してもらうグリーン・ツーリズム活動を紹介。農業の楽しさや食べる楽しさ、農業や農村が支えているものを知ってもらう力となっていると説明した。

岩見沢農業高校生は、小学生を対象に進める岩農食農塾の概要を紹介。農高生自らもグリーン・ツーリズムを学びながら、農作業や食品加工を通して農業について興味や関心を持ってもらう活動だと発表した。 

掲載日:2017/01/18(水) 掲載元:日本農業新聞 掲載面:ワイド2北海道