JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

地場産米ケーキ 学給デザートに/JAきたそらち女性部こまめ会

2017.03.22

空知管内JAきたそらち女性部多度志支部加工部会こまめ会はこのほど、多度志産米「ふっくりんこ」を使った米粉シフォンケーキを、深川市など北空知管内1市4町の小中学校の給食に提供した。

竹内寿子代表をはじめ7人の会員は、深川市のJA加工施設にあるオーブンをフル稼働させて、約2000個のケーキを焼き上げた。北竜町産大豆「黒千石」ときな粉もトッピングした。

同会は2006年から、農閑期に期間限定で、学校給食のために菓子類を作り、提供している。これまでには、シフォンケーキやバレンタインクッキーなどを提供した。

会員は「子どもらの笑顔のために頑張った」と話していた。

掲載日:2017/02/16(木) 掲載元:日本農業新聞 掲載面:ワイド2北海道