JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

札幌市内の小学生に食育 北海道米販売拡大委員会

2017.07.20

JA北海道中央会などでつくる北海道米販売拡大委員会は6月上旬、石狩管内新篠津村のJA新しのつ試験展示圃(ほ)で、札幌市内の小学生を対象に、食の体験バスツアー「エコチル田植え体験教室」を開いた。

食農教育の一環で、小学4〜6年生80人が参加した。同JAの早川仁史専務が「新篠津村は、北海道の中で最も米の作付けが多い。田植え体験を通して、米のありがたみを知ってもらい、普段の食事でも新篠津村を思い出し、たくさんの米を食べてください」とあいさつした。石狩農業改良普及センターの大平誠専門普及指導員が、苗の持ち方や田植えの方法を説明後、田植えを始めた。

最初は水の冷たさや慣れない土の感触に戸惑いながらも田植えを堪能。同村で最も作付面積のある「ななつぼし」を約1時間かけて10アールに植え付けた。

同JAの長屋春美営農部長は「体験を通して食への関心が高まり、今後の食育授業にも生かしてほしい」と話した。収穫を迎える秋には、稲刈り体験も予定している。

掲載日:2017/06/13(火) 掲載元:日本農業新聞 掲載面:ワイド1北海道