JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

児童と楽しくカレー作り/JA新はこだて若松基幹支店

2017.12.15

【新はこだて】桧山管内JA新はこだて若松基幹支店は10月下旬、せたな町の学童保育所に通う児童らとカレーライスを作る食育活動を、同町で初めて行った。児童らは職員らの手伝いを受けながら、野菜の皮むきや米とぎなどに取り組んだ。

町教育委員会が企画。材料の米、バレイショ、ニンジン、豚肉は全て地元産を使った。児童らは調理の他、JA若松基幹支店の伊藤慶晋営農センター長が開いたお米に関するクイズ大会で、正解発表に一喜一憂しながら楽しんでいた。児童は「クイズも楽しかったし、みんなで作ったカレーもおいしかった」「来年は自分たちで野菜の栽培もしてみたい」などと笑顔で話した。

掲載日:2017/11/11(土) 掲載元:日本農業新聞 掲載面:ワイド2北海道