JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

住民と一緒にチーズ作り 北見市留辺蘂町 酪農家女性グループ「みるくVACCA」

2018.04.27

北見市留辺蘂町温根湯地区の酪農家女性17人でつくる加工グループ「みるくVACCA」は2月下旬、同地区で地域住民を招いたチーズ作りを行った。住民と会員10人が参加した。

殺菌やスターターの添加、レンネットの混合などの工程を経て、モッツァレラチーズとストリングチーズを作った。参加者は「生乳40リットルから10分の1の量しかチーズができないことに驚いた。作業は大変だったが楽しくできた」と語った。

石井加代子代表は「作業を通じ、仕事の情報交換や地域間交流にもなる。地域の方々にはチーズができる過程やうれしさ、大変さを体感してほしい」と話した。

同グループは2006年に設立。農閑期の12~4月まで、月2回集まって乳製品を使った料理作りなどを続けている。食育や料理講習会の講師も務めている。

掲載日:2018/03/10(土) 掲載元:日本農業新聞 掲載面:ワイド1北海道