JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

試食配り後志産米PR/地区道米食率向上戦略会議

2018.04.27

後志管内のJA、ホクレン、後志総合振興局などでつくる後志地区北海道米食率向上戦略会議は2月中旬、小樽市で開かれた「第20回小樽雪あかりの路(みち)」で、後志産米をPRした。

雪あかりの路は毎年2月、小樽運河や市内各所でキャンドルをともし、街並みを優しく照らすイベント。

PR会場ではミス北海道米の渡邊汐里さんと同戦略会議メンバーが、試食として後志産「ゆめぴりか」を5キロ、後志産「はくちょうもち」で作った5種類の大福餅800個を観光客らに配布した。来場者は頬張り、「後志でもち米を作っていることを初めて知った」などと話していた。

道産米に関するアンケートも行い、後志産「ゆめぴりか」のサンプル約450グラムを含むPRグッズ240セットを贈った。(ようてい)

掲載日:2018/03/08(木)  掲載元:日本農業新聞 掲載面:ワイド2北海道