JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

児童ら道産米で手作りおにぎり/オホーツク地区食率向上会議

2018.04.27

JA道中央会北見支所など5団体でつくる、オホーツク地区北海道米食率向上戦略会議は2月下旬、網走市の西が丘小学校で「おにぎりフェスタ」を開いた。5年生12人と保護者らが北海道の稲作を学び、おにぎり作りを体験した。

地産地消と食育の一環で13年目の取り組み。道産米のおいしさを道民に伝えるのが狙い。オホーツク総合振興局農務課の有田千穂技師や網走農業改良普及センターの神野和範主査らが、米の研ぎ方や炊き方を指導した。

神野主査は、茶わん1杯に3532粒の米が入っていること、稲の栽培方法や品種改良などで、米がおいしくなってきていることを説明。児童らに食の大切さや農業への理解を呼び掛けた。

おにぎりは道産米「ななつぼし」を使用した。エプロン姿の児童らが炊き上げた米を茶わんに盛り、塩を振り掛け、ラップで握り、のりを巻いて作った。渡邉桜成さん(11)は「初めておにぎりを自分で作った。上手にできたと思う」と笑顔で話した。

掲載日:2018/03/03(土) 掲載元:日本農業新聞 掲載面:ワイド2北海道