JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

学給献立に合わせアスパラ出前授業/JAびばい

2018.07.24

空知管内JAびばいは6月上旬、美唄市の中央小学校の3年生52人に美唄特産のアスパラガスを学ぶ出前授業を行った。JAが給食用に贈ったアスパラガスがメニューとして出される日に合わせて実施。JAの若手職員4人が先生を務めた。今年で4年目になる。

JA職員は、アスパラガスの成長や美唄産アスパラガスのおいしさにこだわった特別な施設の特徴などをスライドとクイズを織り交ぜながら授業した。JA管内で生産される他の農産物やJAの仕事についても説明した。1組の吉田さくらさんは「今朝もアスパラを食べた。給食もとてもおいしかった」。2組の田中仁那さんは「アスパラのクイズは皆で盛り上がって、楽しかった」と元気に話した。

先生役を務めたJA職員は「子どもに分かりやすく、そして飽きない授業を目指し、工夫をした」と話した。出前授業は、アスパラガスが給食で再登場する20日に美唄市の東小学校の3年生2クラスでも開く。

掲載日:2018/06/18(月) 掲載元:日本農業新聞 掲載面:ワイド1北海道