JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

アイス作りで八雲産牛乳PR/日本酪農青年連盟女子研

2018.10.01

渡島管内八雲町の日本酪農青年研究連盟八雲地方連盟女子研究会は7月下旬、同町の小学生親子7組20人を対象に、八雲産の牛乳でアイスクリームを作った。

講師で函館酪農公社製造部酪農課の小滝貴一さんが、牛の成長過程や牛乳ができるまでの作業などを説明した。クイズも交え参加者全員が積極的に手を挙げるなど、盛り上がった。質疑応答では「茶色い牛も牛乳が出るのか」などの質問が出た。

アイスクリーム作りは親子で協力して行った。材料を氷の中で冷やしながら転がす作業を楽しんだ。

参加者は「自分で作ったアイスは、売っているアイスよりも牛乳の味がしておいしい」「牛の成長は想像していたよりも早くて驚いた」などと話していた。

同女子研究会の吉田咲子代表は「手作りアイス体験を通じ、牛乳の良さやおいしさをアピールできた」と話した。

掲載日:2018/08/16(木) 掲載元:日本農業新聞 掲載面:ワイド1北海道