JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

夏休みに「おいなりさん」レシピカード配布/道米販売拡大委など

2016.08.12

北海道米食率向上戦略会議や北海道米販売拡大委員会などは20日、夏休みにいなりずしを食べるよう提案するキャンペーンを始めた。夏場に食欲が落ちても食べやすい酢飯で、行楽にも向くことなどをアピールする。協力企業の一部店舗でレシピカードの配布や、特別商品の販売をする。キャンペーンは8月21日まで。

北海道米の食べ方を通年でPRする企画「年がら年中ごはん! ごはん!」の一環。今回は、子どもが家で食事を取る夏休みに合わせた。道内のコンビニエンスストア3社やスーパーマーケット10社と協力して展開する。

期間中、参加企業の一部店舗でレシピカードを配布して、いなりずしの新しい食べ方を紹介する。具にサケとイクラを使う「親子おいなりさん」や、ごはんにシソの葉を混ぜた「しそごまおいなりさん」、「五目おいなりさん」の3品のレシピを掲載した。期間限定でいなりずしの特別商品を販売する店舗もある。同委員会のテレビコマーシャルなどでもキャンペーンを取り上げる。

掲載日:2016/07/21(木) 掲載元:日本農業新聞 朝刊 掲載面:ワイド1北海道