JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

対面販売で消費者と交流 もぎたて市感謝祭盛況/JA新はこだて

2018.11.01

JA新はこだてのもぎたて市部会は24日、函館市のホクレンショップ昭和店で「もぎたて市感謝祭」を開き、部会員が対面販売をしながら消費者と交流した。

地場産の取れたての旬の野菜がショップ入り口付近にずらりと並ぶ「もぎたて市」は、同店の名物コーナーに育っている。

午前10時から七飯、大野、上磯、函館地区の部会員約20人がニンジンやキャベツ、カボチャなどを並べ対面販売した。また、数量限定で行った長ネギやバレイショ、青なんばんなどの詰め放題コーナーは盛況だった。

同部会の東寺竜彦部会長は「消費者と触れ合う年に1度の貴重な機会。精いっぱいサービスに努めたい」と話した。

掲載日:2018/09/29(土)日本農業新聞 掲載面:ワイド2北海道