JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

親子で稲刈り ホクレン函館支所などが体験ツアー

2018.11.01

ホクレン函館支所と道南ラルズは22日、「JA新はこだて稲刈り体験ツアー」を渡島管内木古内町で開いた。函館市や近郊の9組の親子ら約30人が稲刈りを体験した。

米の流通を担う両者が連携して企画。JA新はこだてが協力した。稲刈り体験を通して消費者に食の在り方を理解してもらうのが狙い。

稲刈りは函館育ちふっくりんこ蔵部南部米品質向上委員会会長の東出雅史さんの水田で行った。あいにくの雨天の中、雨具を着ての作業となり刈り取りに悪戦苦闘した。

また、知内町のニラ共選施設も見学。「ふっくりんこ」の新米と豚汁などの昼食を挟み、北斗市の函館育ちライスターミナルで、精米や保管管理について説明を聞き、食への理解を深めた。

掲載日:2018/09/29(土) 掲載元:日本農業新聞 掲載面:ワイド2北海道