JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

バレイショ百貨店でPR/JA新はこだて厚沢部基幹支店

2019.01.30

 桧山管内のJA新はこだて厚沢部基幹支店は12月上旬の2日間、「Made inあっさぶ 畑の食を味わう」を函館市の百貨店・棒二森屋で開いた。近年、家庭でのバレイショの消費量が減少していることから、「あっさぶメークイン」の消費拡大を目指し、百貨店と共催で行った。

 会場では、塩ゆでした「あっさぶメークイン」の詰め放題やビッグサイズのフライドメークイン、山ゴボウの天ぷら、畑の炊き込みご飯などを販売。親子連れや観光客でにぎわい、畑の味を楽しんでいた。

 同支店の田山光幸基幹支店長は「あっさぶメークインは、地域団体商標登録の早期取得のきっかけともなった。今後も地産地消イベントを行い、おいしいメークインをもっとたくさんの人に食べてもらいたい」と話した。

掲載日:2018/12/17(月) 掲載元:日本農業新聞 掲載面:ワイド1北海道