JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

食育教材本贈る みんなで読んで JA北海道信連道教委へ

2019.04.25

JA北海道信連は20日、食農教育や環境教育などをテーマにした補助教材本「農業とわたしたちのくらし」を北海道教育委員会に贈呈した。各JAを通じ道内の小学校と希望のあった特別支援学校・学級に届けられる。

食農教育応援事業として、小学5年生の社会科の学習内容と関連させながら編集した。食や環境と農業との関わり、産地や流通などについてイラストや写真、グラフを使い総合的に学べるようになっている。

道内の小学校1044校の5年生4万1129人と教諭用指導書の計5万1997冊の他、特別支援学校15校と特別支援学級8学級に特別支援教育版の教材503冊。小学校1044校には、DVDも1枚ずつ贈った。

札幌市で贈呈式が行われ、道信連の佐藤彰会長が、道教育委員会の佐藤嘉大教育長に目録と教材本を手渡した。佐藤教育長は「北海道の農産物が子どもらの誇りに思えるように活用していきたい」とお礼を述べた。

佐藤会長は「農業の基本知識を学んでもらい、農業に関心を持ってほしい」と期待を寄せた。

掲載日:2019/03/22(金) 掲載元:日本農業新聞 掲載面:ワイド1北海道