JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

学給に地元産米2カ月分贈る/北空知広域農協連

2019.05.21

空知管内のJAきたそらち、JA北いぶきで組織する北空知広域農業協同組合連合会は4月上旬、北空知圏学校給食組合に管内産「ななつぼし」2カ月分(5トン)を贈呈した。

JAきたそらちの柏木孝文組合長とJA北いぶきの篠田雅組合長が深川市役所を訪れ、同給食組合長の山下貴史市長に目録を手渡した。

山下市長は「今年も給食米を贈呈いただき感謝を申し上げたい。子どもらに地元の良質な米で元気に育ったことを誇りに思ってほしい」と述べ、感謝状を手渡した。

贈呈した米は、同給食組合に入る深川市と沼田町、妹背牛町、秩父別町、北竜町の学校給食として4、5月に提供される。JAきたそらちは、3月下旬に幌加内町、4月上旬に雨竜町に2カ月分を贈呈した。

掲載日:2019/04/19(金)  掲載元:日本農業新聞 掲載面:ワイド2北海道