JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

酪農学ぼう 小学生にミルク大学/牛乳普及協とホクレン

2016.09.28

道内の小学生が夏休みに酪農を学ぶイベント「元気! ミルク大学」が12日、始まった。5、6年生40人が参加。酪農学園大学(江別市)で学生らの手助けを受けながら3泊4日で作業を体験し、酪農や牛乳について理解を深める。

北海道牛乳普及協会とホクレンが主催し、今年で19回目。参加者は牧場での作業体験の他、牛の体や乳製品製造などについて講座で学ぶ。

初日は札幌市のホクレンビルを出発し、雪印メグミルク酪農と乳の歴史館で研修。その後、同大学で入学式をした。

出発式で同協会の茂木悦雄常務は「スタッフや大学生の言うことをよく聞き、素晴らしい夏休みにしてほしい」と呼び掛けた。

札幌市から参加した遠藤綺実葉さん(11)は「牛に触って世話できるのが楽しみ」、留萌管内天塩町の吉田章仁君(11)は「搾乳と餌やりを頑張りたい」と意気込みを話した。

掲載日:2016/08/13(土) 掲載元:日本農業新聞 掲載面:ワイド1北海道