JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

酪農って楽しいんだ 旭山動物園 来園者向けに催し JA幌延町青年部 北大生サークルも応援

2016.11.17

留萌管内のJA幌延町青年部は10日、旭川市の旭山動物園へ来園した家族連れに、食育活動、搾乳体験などを行った。部員15人の他、北海道大学の「にとべこ」酪農サークルの7人も駆け付け、酪農の魅力を発信した。

牛の魅力、酪農家の1日の仕事、指定生乳生産者団体制度、牛の一生ストーリーなどを手作りパネルで紹介。パネルごとに部員が付いて説明した。模擬牛を使いバケットミルカーで実際に搾乳ができる体験コーナーも設け、多くの子どもたちが搾乳体験をした。

加藤敬弘部長は「北海道酪農の魅力や家畜の命をテーマに、多くの人に知ってもらいたいと企画した」と話す。

部員らが手作りした紙芝居風の絵を使って、酪農青年と牛との出合いから別れまでを描いた劇「命の約束」を演じ、子どもたちに家畜の命の尊さを訴えた。

掲載日:2016/10/13(木) 掲載元:日本農業新聞 掲載面:ワイド1北海道