JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

大豆の収穫児童に説明 JA北いしかり青年部当別ブロック

2016.11.17

石狩管内のJA北いしかり青年部当別ブロックは12日、当別小学校の5年生67人を対象に農業体験学習を同小学校で開いた。授業ではプロジェクターと資料を使い、大豆の収穫が適している天候や、大豆を収穫するコンバインの説明をした。

本来は、戸来(へらい)興貴ブロック長の圃場(ほじょう)で大豆を収穫する予定だったが、悪天候で圃場の状態が悪かったため、大豆に関する授業に変更した。

大豆の説明後には、コンバインで大豆を収穫する動画を上映。児童からは「想像していたより、ゆっくり進んでいる」などの声が出た。

昨年12月に行われた第64回全道JA青年部大会の「動画で発信!農の魅力コンテスト」で優秀賞を獲得した動画も上映し、「面白い」「もう一回見たい」などといった声が上がった。

最後に大豆クイズ大会を開き、正解した児童4人に当別町で栽培した大豆の菓子をプレゼントした。

掲載日:2016/10/18(火) 掲載元:日本農業新聞 掲載面:ワイド2北海道