JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

女優・黛さん 大使に任命 おいしさ広く伝えて ホクレン/ミルクランド北海道

2016.12.22

ホクレンは1日、道産牛乳と乳製品の消費拡大キャンペーン「ミルクランド北海道」のアンバサダー(大使)に、女優の黛英里佳さんを任命したと発表した。消費者に対して道産牛乳や乳製品への興味や関心を引き出し、北海道酪農の理解を促すためにさまざまなイベントに参加する予定だ。  同日は恵庭市のむらかみ牧場で就任式を開き、黛さんが牛乳やチーズを使った料理を実演した。就任式には、関係者ら25人が出席した。

趣味が料理で、牛乳やチーズなどをよく使うという黛さんは「北海道の牛乳のおいしさや素晴らしさを、全国の皆さまに伝えていきたい」と意気込みを述べた。

就任式後は、ミルク鍋などを実演し、集まった関係者らに振る舞った。搾乳や子牛へのミルクやりも体験した。

任命証を手渡したホクレンの瀧澤義一副会長は「道内外の消費者に、より分かりやすく牛乳や乳製品の情報を発信し、北海道酪農の重要性を伝えてもらいたい」と期待を示した。

黛さんは今後、3日に東京の銀座三越で開かれるホクレン大収穫祭の「ミルクランド北海道トークショー」や、15日から放送予定のミルクランド北海道オリジナルテレビ番組「グッモーニン」に出演する予定だ。

掲載日:2016/11/02(水) 掲載元:日本農業新聞 掲載面:ワイド2北海道