JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

JAそらち南 学給へ半年分の米贈る

2020.03.06

空知管内のJAそらち南は21日、管内の由仁町と栗山町の役場で学校給食米の贈呈式を行った。同JAの北輝男組合長ら5人が2町の役場を訪れ、両町が使用する学校給食米の半年分の地場産米を贈った。

贈呈したのは減農薬米「ななつぼし」で、 由仁町に2・6トン、栗山町には3・7トンの計6・3トンを贈呈した。 北組合長は「子どもらへの地産地消や食農教育にもつながってほしい」とあいさつした。

由仁町の松村諭町長は「子どもらも大変喜んでいる。元気に過ごしており、 地域でとれた米のパワーのおかげと思っている」とお礼を述べた。

同JAは、食農教育と地域貢献の一環として2013年から両町に学校給食米を贈り今年で8回目となる。

掲載日:2020/01/28(火) 日本農業新聞 朝刊 ワイド1北海道