JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

おむすび作り“必殺技”会得 上川生産連と旭川農高イベント

2020.10.23

旭川市の上川生産農業協同組合連合会と旭川農業高校は12日、JA上川ビル食育ホールで食育イベントを開き、市内の親子8組、16人が参加した。上川管内産の食材を使い、農高生が考案したレシピでおむすび作りに挑戦した。

講師は札幌市の「おむすびきゅうさん」のライスボールプレイヤー川原悟店長が務め、おむすび作りの“必殺技”を伝授した。

また、同高の食品科学科肉加工班の2年生6人が考案した「ギューと野菜のビビンバおむすび」を作った。同高産の米「きたくりん」、旭高砂牛モモ(JAあさひかわのひかり牧場)、ニンジン(JAふらの)、酒かす(同市産)などに、いりごま、鶏ガラスープのもとなどの材料でおむすびを仕上げた。

母親と参加した福岡里純さん(10)は「ラップを使い意外と簡単にできた」と笑顔で話していた。

2020/ 09/ 17(木) 日本農業新聞 朝刊 ワイド1北海道