JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

食の大切さと地元農業理解 北見市で食育体験 JAところ青年部

2020.11.17

【ところ】オホーツク管内のJAところ青年部は10月上旬、北見市常呂町の3小学校の3・4年生を対象に食育体験を行った。児童31人が参加し、バレイショなどを収穫した。

常呂町の農業と食の大切さを知ってもらい、講師役の青年部員が農業を伝える力を身に付ける目的で、青年部が毎年行っている。

春の食育体験(植え付け作業)は新型コロナウイルス感染症の防止のため中止となったが、秋開催に向け、青年部員が交代でバレイショや小豆、サツマイモの植え付けから管理作業までを行った。

青年部員は、作物の生育過程や収穫までの管理の大切さなどを伝え、児童はバレイショや小豆、サツマイモを収穫した。

参加した児童は「ジャガイモ掘りが楽しかった。自分で収穫した作物をもらえてうれしい」と笑顔を見せた。

2020/ 10/ 14(水) 日本農業新聞 朝刊 ワイド2北海道