JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

小学校に補助教材本贈る JAきたそらち

2021.06.17

空知管内のJAきたそらちは10日、深川市立音江小学校に補助教材本の『農業とわたしたちのくらし』を贈呈した。JAの柏木孝文組合長らが同校の中嶋利啓校長を訪れ、小学校高学年用の補助教材本20冊とDVD1枚を贈呈した。5年生13人が社会科の授業などで使用する。

柏木組合長は「農業の応援団になってほしい。子供たちには、農業があって食があることをぜひ伝えてほしい」と贈呈に当たっての思いを述べた。

中嶋校長は「子供たちには、この教材をきっかけに自分の食べている物と農業とのつながりについて、より関心を持ってもらいたい」と感謝した。

補助教材本の贈呈は、2008年からJAバンクが食農教育応援事業の一環として実施している。子供たちに農業への理解を深めてもらうために、イラストや写真などをふんだんに使っているのが特徴だ。状況に合わせ内容を一部改定しながら、農産物の生産や流通・加工の仕組みなどを分かりやすく説明している。

2021/ 05/ 13(木) 日本農業新聞 朝刊 ワイド1北海道