JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

JA青年部や職員による地元小中学校への食育活動

2021.08.02
・オホーツク農協青年部協

オホーツク農協青年部協議会は9日、北見市の北見藤高校で「農家の兄ちゃんの出前授業」を開いた。同校との連携は今年で7年目。同校2年生40人が受講した。

コロナ禍の影響で同協議会の金一善紀会長ら役員3人が北見市のJA中央会北見支所からリモートで講師役を務めた。

出前授業では、美幌町の石田将人監事の農地で作った動画で、土を耕し豆を播種(はしゅ)するまでの植え方を鑑賞した。管内の地区別に、農家が生産する農畜産物などを説明した。また、国内最大の生産地になっている北見のタマネギと豆の知識や播種から防除、収穫までの工程などを学んだ。

金一会長は自分で栽培することで農業や食への理解が深まってほしい」と期待を寄せた。

・JAむかわ青年部

【むかわ】胆振管内のJAむかわ青年部は9日、鵡川中央小学校の4、5年生61人の田植え体験学習を支援した。青年部員15人とJA職員2人が参加。青年部員が、植える前の筋切りや苗の植え方を説明。児童ははだしで水田に入り、青年部員の指導で苗を植える目印の筋を付けるゴロを押す作業を行った。

高田慎一部長は「稲刈りまで管理するので、また収穫体験で会えるのを楽しみにしている」と声をかけた。

・JAようてい青年部留寿都支部

【ようてい】後志管内のJAようてい青年部留寿都支部は5月下旬、留寿都村小学校の圃場(ほじょう)で3~6年生を対象に食育活動を行った。感染防止対策として学年ごとに時間を変えて実施。品目も学年ごとに分け、ジャガイモやテンサイなどを播種(はしゅ)、定植した。4年生は、石崎翔太副支部長に教わりながらキャベツの苗を楽しそうに植えた。

・JAびばい

【びばい】空知管内のJAびばいは10日、美唄市立東小学校3年生の2クラス52人に美唄市特産のアスパラガスを学ぶ出前授業を行った。

授業は、事前にJAが給食用に贈ったアスパラガスがメニューに出される日に合わせて行った。JAの若手職員4人が先生を務め、今年で7年目になる。

4人は、アスパラガスの成長や美唄産アスパラガスのおいしさにこだわった特別な施設の特長などをスライドとクイズを織り交ぜながら授業を進めた。JA管内で生産される農産物やJAの仕事についても分かりやすく説明した。

農産園芸課の岡広祥主任(31)は「分かりやすく、そして飽きない授業を目指した。楽しく学んでもらえてうれしい」と話した。

・JA北はるか

【北はるか】上川管内JA北はるかの職員3人が6月上旬、美深中学校の食育授業でカボチャなどの植え付けを指導した。

23人の生徒たちは6班に分かれ、くわやマルチ、カラス口などの農具を上手に使い、それぞれカボチャやバレイショ、スイートコーンを植えた。

生徒たちは、農産物がどのように消費者に届いているかを実感していた。

農業に親しんで 食育圃場に看板 JAところ青年部
オホーツク管内のJAところ青年部は、JAの協力で設置した青年部の食育専用圃場(ほじょう)に食育看板を立てた。

青年部は2020年度から、北見市常呂町の小学生向けに食育事業を実施。食育専用圃場を設置したことから、授業を受ける児童が農業に親しみを持ってもらえるよう青年部が看板の設置を提案し、実現した。

小学生からデザインと圃場の愛称を公募。応募作品の中から愛称は水谷有里さん(常呂小5年生)、デザイン原案は野瀬健君(錦水小2年生)の作品がそれぞれ最優秀賞に選ばれ、印刷会社がデザイン化した。

デザインは広大なオホーツク海を背景に主力産品のタマネギや乳牛、野菜を描いた。愛称は、常呂町の子どもたちの農園として「ところっこ農園」にした。今春に予定していた食育事業は、緊急事態宣言のため中止になったが、秋の開催に向け、青年部役員が農地にタマネギやジャガイモなどを植えている。

今橋博行部長は「児童が常呂町の農作物に興味が持てるような下地ができた。秋の開催で笑顔になれるような食育にしたい」と意気込みを話した。(ところ)

・JA新すながわ青年部

【新すながわ】空知管内のJA新すながわ青年部は6月上旬、奈井江町の奈井江小学校で食育活動をした。2年生31人を対象に、ポップコーンの材料となる専用のトウモロコシの種まき作業を行った。

児童は、最初に屋内でトウモロコシの説明を受けた後、屋外に出て同校の畑で作業した。1人2粒ずつ種をまいて、どの場所でどれほど成長したのかがわかるよう、名前を書いたラベルを立てた。

トウモロコシは、収穫まで児童らが草取りや水やりを行い、10月には収穫し、ポップコーンを作る予定だ。

中野希望部長は「今年も新型コロナウイルスの影響で学校の行事などがなくなる中、楽しい思い出になってほしい」と話した。

2021/ 06/ 15(火) 日本農業新聞 朝刊 ワイド1北海道
2021/ 06/ 19(土) 日本農業新聞 朝刊 ワイド1北海道
2021/ 06/ 22(火) 日本農業新聞 朝刊 ワイド2北海道