JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

7月2日「ななつぼし」の日をPR JA上川地区青年部協議会

2021.08.12

JA上川地区青年部協議会、ホクレン旭川支所米穀課、JA北海道中央会旭川支所は7月2日の「ななつぼし」の日に合わせ、HBCラジオで、北海道米をPRするCMを流す。2日から7月末までの1カ月間、同協議会の役員が「ななつぼし」の魅力を発信する。

日本記念日協会より「7月2日」が「北海道米『ななつぼし』の日」と制定されたことを受けた。CMには、JA上川地区青年部協議会の高見章太会長ら役員6人が出演。「ななつぼし」の特徴を説明し、「あっさりした味のさらっと食感、冷めてもおいしいからお弁当に」などとアピールする。

さらに、同協議会提供で午後3時に「ななつぼし」の時報CMも流す。

ホクレン旭川支所米穀課の清水健治課長は「実際に『ななつぼし』を作っている生産者から発信してもらい、おいしさを多くの消費者に伝え、たくさん食べていただき、消費拡大につながってくれればうれしい」と話した。

2021/ 07/ 02(金) 日本農業新聞 朝刊 ワイド1北海道