JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

北海道教育大旭川校へななつぼし寄贈 JAあさひかわ

2021.08.12

上川管内のJAあさひかわは6月30日、旭川市で北海道教育大学旭川校に「ななつぼし5キロ」100袋を寄贈し、贈呈式を行った。同JAと同校とは、1年間を通して田植え、加工トマトの収穫、稲刈り、そば打ちの体験などの教育フィールド研究で親交が深い。

コロナ禍でアルバイトができない学生も多く、JAが学生を支援したいと提供。寄贈した米はJAあさひかわ産の「ななつぼし」500キロで、希望者の学生200人に分配される。1人当たり2.5キロに相当する。

JAの島山守穂組合長は「JAは食に携わっているので、主食の米で支援したかった。喜んで食べていただきたい」と話した。

同校の千葉胤久キャンパス長は「たくさんの米をいただき学生たちも感謝している」と述べた。

2021/ 07/ 03(土) 日本農業新聞 朝刊 ワイド2北海道