JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

地域食育事業の一環で「おこっぺアイス」提供 JA北オホーツク

2021.08.12

【北オホーツク】オホーツク管内のJA北オホーツクは、地域食育事業の一環として、JA管内の雄武町と興部町の学校給食や両町の高校に「おこっぺアイス」のカップアイスを無償提供した。

「おこっぺアイス」はJAが製造、販売している。村上博昭営農課長は「次世代を担う子どもたちに地域産品の良さを知ってもらう貴重な機会。乳製品の消費拡大の観点からも積極的に行っていく」と話す。本年度は6月から3回の無償提供を計画している。

雄武町の初回は7月5日で、学校給食に提供した。児童たちは「冷たくておいしい」と好評。教職員は「給食にアイスが出るなんて豪華。毎年楽しみにしている」と感謝していた。

JA管内で生産される牛肉「雄武黒牛」も年に1度、学校給食の食材として無償提供している。

2021/ 07/ 10(土) 日本農業新聞 朝刊 ワイド2北海道