JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

メロンの選果を児童が見学 JA新すながわ

2021.08.12

【新すながわ】空知管内JA新すながわの「ないえメロン生産組合」は9日、小学生を対象にしたメロンの選果作業見学会を砂川市のJA選果施設で開いた。地元特産品の北海キングメロンの出荷工程を学ぶ食育活動の一環として、旧奈井江町農協時代から続く。

同日は、奈井江小学校の3年生27人が参加。同生産組合の堀隆史副部長(43)がメロンの検定方法などを説明した後、選果作業を見学した。

児童からは、多くの質問が出され、堀副部長と鈴木裕介副部長(32)が苦労や工夫などを詳しく説明した。

鈴木副部長は「子供たちに作物ができる工程を学んでもらえるのは、作り手としてうれしい」と話した。

2021/ 07/ 13(火) 日本農業新聞 朝刊 ワイド1北海道