JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

食と農のミニマルシェを開く JA新はこだて

2021.09.22

北斗市のJA新はこだて直売所「あぐりへい屋」は9日までの3日間、地元食の消費拡大を目的とした「食と農のミニマルシェ」を開いた。市民らでにぎわった。

店内には特別価格の新鮮な野菜や果実などが並び、来場客らは新型コロナウイルスの感染対策をして買い物を楽しんだ。屋外では「長ねぎのつかみ取り」や子どもを対象にした「ミニトマトすくいどり」が行われ、大人から子どもまでイベントにチャレンジした。

地元飲食店の2店舗もブースを出店し、地元野菜を使った「焼きそば」や「すりおろしトマト麺」など両店自慢のテークアウト商品が人気を集めた。

大野基幹支店の田山光幸支店長は「イベントを通じ、子どもから大人まで地元野菜のファンが増えることに期待したい」と話した。

2021/ 08/ 13(金) 日本農業新聞 ワイド2北海道