JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

介護事業所にでんぷん団子提供 JAしれとこ斜里女性農業者組織

2021.09.22

オホーツク管内JAしれとこ斜里の女性農業者などで組織する「JAヘルパーSUN(サン)」は7月下旬、ボランティア活動の一環として冷凍でんぷん団子を作り、斜里町内7箇所の介護サービス事業所へ提供した。

JAヘルパーSUNは、介護に関する知識の向上を図ることを目的として、福祉に関するボランティア活動への参加や組合員の高齢者家族への励まし活動を行い、毎年、絵手紙を作成して届けている。

でんぷん用ジャガイモ主産地の斜里町では、でんぷん団子が古くからおやつや軽食として食べられている。

2021/ 08/ 23(月) 日本農業新聞 ワイド2北海道