JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

らいでん食農教室を開催 JAきょうわ青年部

2021.10.18

後志管内のJAきょうわ青年部は、共和町内の小学3年生を対象にした今年の「らいでん食農教室」を締めくくる収穫編を8月27日、西陵小の菜園で行った。「らいでん」のブランド名で、地域を支えているメロンとスイカの生育などを、体験を通して知ってもらうことが狙い。毎年、6月に苗の定植作業、7月に選果場の見学をそれぞれ実施している。
収穫作業には3年生14人が参加。地温を高めていたビニールを取り外した後、青年部の奥雅樹部長がメロンのつるの一部を残す「かんざし」という収穫方法を指導。「つるを格好よく残すとメロンが高く売れるんだよ」と優しく語りかけた。
メロンは30個ほど収穫できたものの、かなりの数がアライグマの食害を受けていた。児童の一人は「農家の人の苦労がとてもよく分かった」と話していた。

2021/09/01(水) 日本農業新聞 ワイド2北海道