JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

青年部が精力的に活動実施 JAそらち南・JAところ・JA函館市亀田

2021.11.17

・いも・たまねぎ詰め放題会盛況 JAそらち南

空知管内のJAそらち南青年部は10月上旬、栗山町イベント広場で「いも・たまねぎ詰め放題会」を開いた。

栗山町と由仁町の広報誌にチラシを折り込み両町民に周知した。1回300円でジャガイモとタマネギを袋に詰め放題できる。午前11時の開始予定前から大勢の町民らが来場し、10分ほど予定を早めて開始した。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、1度に参加できる人数を制限。用意したジャガイモとタマネギは完売した。

先着100人には新米もプレゼントして、来場した町民は喜んでいた。

・農業の楽しさ 収穫通し伝える JAところ

オホーツク管内のJAところ青年部は10月上旬、北見市常呂町の小学校3、4年生37人を対象に食育事業を行った。

同事業は常呂町の農業と食の大切さを知ってもらい、講師役の同部員が農業を伝える力を身に付けることを目的に毎年実施している。

新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言のため、植え付け作業の春の食育事業は中止となった。秋の収穫体験に向けて青年部員が交代で植え付け作業や管理作業を行った。

収穫体験では、青年部員が作物の生育過程や収穫までの管理の大切さなどを伝えた。児童は一生懸命育てられたタマネギやジャガイモなど6品目の収穫作業を行った。

参加した児童は「ジャガイモ掘りが楽しかった」と笑顔で話していた。今橋博行部長は「農業の楽しさや興味を持ってもらえればうれしい」と話した。

・若手職員と交流 サツマイモ収穫 JA函館市亀田

JA函館市亀田青年部は13日、函館市内の圃場(ほじょう)でサツマイモの収穫を行った。2018年から始まり今年で4回目。約2000平方メートルの圃場を慣れた手つきで作業を行った。

同JAの若手職員も18年から青年部との交流を兼ねて参加。昨年はコロナ禍のため参加できなかった。職員は5月の定植作業から参加し、土から顔を出す丸まると太ったサツマイモに驚きの声を上げた。収量は予定を超える豊作となった。

農作業の経験をすることの少ない若手職員にとって貴重な体験となった。普段とは違った雰囲気の中で部員とのコミュニケーションを深めた。

今後も青年部のサツマイモ栽培は継続して行われる予定。

2021/10/20(水) 日本農業新聞 ワイド1北海道