JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

青年部が連携して地元で農産物販売 JAむかわ・JAとまこまい広域

2021.11.17

胆振管内のJAむかわ青年部とJAとまこまい広域青年部穂別支部は10月中旬、ドライブスルーマルシェをむかわ町で開いた。コロナ禍で多くの行事を中止した同町の両青年部が一つになって取り組み、旬の味を詰め込んだ農産物を求めて大勢の人が訪れた。

両青年部は数年前から「I LOVEむかわ町青年部」として行事を企画し、活動してきた。新型コロナウイルスの感染防止のため、昨年からドライブスルーマルシェを始め、今回は同支部も加わった。

青年部員らは前日から準備し、同町特産物のトマトと新米2キロ、ホウレンソウ、キャベツ、ブロッコリー、カボチャ、シイタケの7品目を箱詰めした。各野菜の効能や特徴、新米の炊き方などを説明したパンフレットも添えた。

200箱を用意し、1箱を格安の1000円で販売。青年部員は車を誘導して農産物が詰まった箱を来場者の車に積み込み、さらに無料のカボチャとカリフラワーを手渡した。

農産物は午前中に完売。JAむかわの高田慎一部長は「町内の青年部が一つになり親睦を深めた。消費者の皆さんに感謝の気持ちを込め、最高の品を提供した」と話した。

JAとまこまい広域穂別支部の田代大輔支部長は「I LOVEむかわ町青年部として取り組んだイベントも多く、知名度も上がっている。コロナが収束していろんなイベントを一緒にやっていきたい」と話した。

2021/10/27(水) 日本農業新聞 ワイド2北海道