JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

道産米消費拡大に向けキャンペーン実施 北海道米食率向上戦略会議

2021.11.17

北海道米食率向上戦略会議は11月1日から、北海道米の消費拡大に向けて、道内の主要なコンビニやスーパーなどと連携したキャンペーンを展開する。今回は23日の「お赤飯の日」に合わせて、もち米を使った赤飯の弁当やおにぎりなどを12の企業が販売する。

キャンペーンは23日まで。新型コロナウイルス禍で自宅にいる時間が長くなる中、購入した赤飯を型抜きして好きな形に整えたりする楽しみ方を、北海道じゃらん11月号で紹介もする。

タレントの森崎博之さんを引き続きPRに起用。森崎さんが描かれたイラスト「食べらさるマーク」を店頭に掲示したり、テレビCMで展開したりする。

同会議事務局の道によると、これまでの取り組みの効果もあり、11月は道内でもち米の消費が増える傾向にあるという。「これからも取り組みを続けて、北海道米の消費拡大につなげていきたい」(農産振興課)としている。

2021/10/30(土) 日本農業新聞 ワイド2北海道