JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

ドライブスルー形式で特産品販売会 JA十勝池田町

2021.12.14

十勝管内JA十勝池田町が20日、池田町の農産センターで「収穫感謝祭」を開いた。新型コロナ感染防止対策として、特産品などをドライブスルーで販売した。

3月1日に旧JA十勝池田町と旧JA十勝高島が合併し新生JA十勝池田町となった。旧JA十勝池田町が1982年から行なっていた「収穫感謝祭」をドライブスルー方式で販売会を実施した。旧JA十勝高島特産品も加え、ナガイモとヤマトイモを掛け合わせた「根張星(ネバリスター)」、「つくねいも」、本わさびの1・5倍の辛味がある「山わさび」などを販売。地元褐毛和種「いけだ牛」と黒毛和牛のお肉で作ったハンバーグなどや、女性農業者の食品サークル「むぎ畑」が作ったケチャップや焼肉用たれも好評だった。来場者にはJAが町内産もち米で作った紅白餅を配った。

榎本安洋さん(61)は「町内の生産者による『朝のとれたて野菜』を購入している。できるだけ地元産の農畜産物を購入するようにしている」と買い求めていた。

2021/11/23(火) 日本農業新聞 ワイド1北海道