JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

スキー場で特別栽培米などを販売 JAあさひかわ青年部

2022.02.25

北海道のJAあさひかわ青年部は、旭川市の「カムイスキーリンクス」スキー場施設敷地内で、2021年産米「ゆめぴりか」の販売会を開いた。部員10人やJA職員らが参加し、スキー場利用客らにアピールした。

21年産特別栽培米「ゆめぴりか」(1キロ袋入り、500円)の他、「ゆめぴりか」「ななつぼし」「えみまる」の3品種食べ比べセット(各1キロ袋入り、1200円)も販売した。昼食の時間帯には、次々とスキー客らが訪れ買い求めていた。1袋500円で地元産リンゴの詰め放題も好評だった。

同青年部長の大澤直弥さん(35)は「安全・安心でおいしい、JAのゆめぴりかをスキー客ら幅広い人に食べていただきたい。食べ比べセットの品種、えみまるもぜひ試してほしい。米の消費とPRにつながればうれしい」と話した。

2022/01/20(木)JA