JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

特産品を使用したレシピ伝授 JA今金町女性部

2022.02.25

【今金町】桧山管内今金町のJA今金町女性部は1月下旬、特産の「今金男しゃく」をはじめ、地元食材をたっぷり使った「今金いっぱい汁」の作り方を町給食センターの栄養士や小学校の栄養教諭へ伝えた。

今金いっぱい汁は、みそや豆乳をベースに「今金男しゃく」や「軟白長ネギ」「つるの子大豆」など地元食材をたっぷり使っている。素材の味を生かしたヘルシーなメニューで、過去に町内のイベントなどで提供され、好評だった。

町給食センターは改めてこのメニューをレシピ化し、食育や献立作りに活用することを目的に、新メニューの開発としてJA女性部に講師を依頼した。

会場の町民センターには7人が参加。女性部員が手際よく調理し、おいしく作るこつなど地元の手作りの味を伝授していた。

JA女性部の津村明美部長は「地元食材の魅力を改めて感じてもらう機会になればうれしい。多くの人に食べてほしい」と話した。

町は今後、食育推進や町内各施設の献立などに活用していく予定。レシピは、JAのホームページで公開している。

2022/01/31(月)ワイド1北海道