JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

金融窓口来店客に牛乳券配布 JAさっぽろ

2022.03.16

JAさっぽろは1月下旬、札幌市内20カ所の本支店の金融窓口で来店者に牛乳券を配布した。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う生乳の需要減少による廃棄リスクの高まりを受けて企画した。

大量廃棄が懸念された年末年始は、さまざまな団体や企業、消費者による協力の輪が広がって廃棄が回避されたものの、小中学校などの春休み期間に再び廃棄リスクが高まる懸念もあることから、同JAも継続的な牛乳や乳製品などの消費拡大を呼び掛ける考えだ。

牛乳券の配布は、来店客による混雑を避けるため事前の告知は行わず、窓口で貯金や共済の手続きをした来店客に配布。全店舗で合計1000枚(1枚200円)を用意し、初日に予定枚数の配布を終えた店舗もあった。

同JAは、今後も生乳の需給動向を注視しながら消費拡大に向けた取り組みを継続したいとした。(さっぽろ)

2022/02/07(月)ワイド1北海道