JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

牛乳消費拡大に向け連携 JAおとふけ・JA木野

2022.04.21

北海道音更町のJAおとふけとJA木野は、学校などが春休みを迎える年度末期間に処理不可能乳を出さないよう、連携して牛乳消費拡大事業に取り組む。牛乳贈答券を寄贈する他、7日から4月15日にキャンペーン「みんなで飲モゥ~!おいしい牛乳」を展開する。

春休み向けに、町内の小・中学校の児童・生徒と教職員に北海道限定牛乳贈答券(1枚200円)を1人2枚、合計8670枚分贈る。同町役場で行った贈呈式では、JAおとふけの笠井安弘組合長、JA木野の清都善章組合長、同町酪農振興会の遠藤雅彦副会長が、小野信次町長、福地隆教育長、同町校長会の沼田拓己会長に目録を手渡した。

キャンペーンは、同町と両JA、その他町内農業関係組織で構成する「音更町営農対策協議会」が実施する。応募用紙と牛乳パックを役場などに持参すると、牛乳1リットルパック3枚ごとに北海道限定牛乳贈答券1枚と引き換える。さらに、応募者の中から抽選で100人に、よつ葉乳製品セット(3000円相当)をプレゼントする。

2022/03/03(木) 日本農業新聞 総合地方