JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

美幌町内の中学生以下に牛乳券贈呈 JAびほろ

2022.04.21

【びほろ】オホーツク管内の美幌町酪農振興会と美幌町、JAびほろは、同町の中学生以下の子どもたち1913人に牛乳券を贈った。2月下旬に町役場で贈呈式を行った。

給食がなくなる3月下旬に生乳の余剰感が強まるとされており、年末年始に続いて3月は生乳の破棄などが懸念されている。牛乳の購入を促し、子どもたちの春休み期間中に家庭で普段より多くの牛乳を飲んでもらう消費拡大を図るため、1人当たり1000円分の牛乳券を贈った。

美幌町校長会の竹内昭二会長に手渡した。平野浩司町長は「3月を乗り越えられるよう1日コップ一杯を飲んでほしい」と期待した。

JAの清野政彦組合長は「牛乳は加工に回せる分も限界がある。毎日消費してほしい」と呼び掛けた。同振興会の藤原啓祐会長は「おいしい牛乳を飲んでくれたらうれしい」と話した。

竹内会長は「子どもたちには強い体をつくってほしい」と感謝した。

2022/03/05(土) 日本農業新聞 ワイド1北海道