JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

小中学校の卒業生へ花束贈呈 JAそらち南

2022.04.21

空知管内JAそらち南の花き生産者がつくる「そらち南農協花き生産組合」は、JA管内の小中学校を卒業する児童と生徒らに花束を贈っている。旧JA由仁の時代から行われ、合併後(現JAそらち南)にも範囲を広げ、引き継がれてきた。/ 同生産組合は、毎年管内の2町(由仁町・栗山町)の小中学校の卒業式に、祝福の思いを込めて花束を贈呈してきた。今春は、小学校4校と中学校2校を卒業する210人に贈呈する。

贈呈する花束はラナンキュラスを使い、白色をベースに黄色・オレンジ系と赤色・ピンク系の花を組み合わせ3色の花束にしたもの。18日に行われる予定の卒業式に、各学校から卒業生に手渡す予定だ。

由仁町岩内地区で水稲と花栽培を行う川合昭文さん(48)と母親の陽子さん(71)は「きれいに咲いた花を見て花を好きになり、少しでも花に興味を持つ人が増えてくれればとてもうれしい」と贈呈の思いを語った。

今年のラナンキュラスの生育は、昨年9月中旬の植付け時期から土壌水分も十分に確保でき、順調な状態で12月から3月までの収穫期を迎えている。

2022/03/09(水) 日本農業新聞 ワイド1北海道