JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

地場産小麦粉を給食センターに提供 JA今金町

2022.05.26

桧山管内のJA今金町麦作振興会は11日、町学校給食センターに町内産小麦を製粉して作った小麦粉25キロを贈った。収穫物そのものを目にする機会が少なく、パンや麺に加工された上で食材となる町内産小麦を身近に感じてもらう狙い。

宮本翼会長が同町教育委員会を訪れ、中山秀悦教育長に「春よ恋」で作った小麦粉を手渡した。小麦粉はラーメンに姿を変え、14日の学校給食で町内の児童生徒ら370人に提供された。宮本会長は「地元産の小麦を使って作ったラーメンを味わい、郷土愛につなげてほしい」と話した。

2022/04/15(金) 日本農業新聞 ワイド1北海道