JAグループ北海道

食と農でつながるニュース

鶴居村に牛乳券を贈呈 JAくしろ丹頂酪農振興会

2022.05.26

釧路管内JAくしろ丹頂の酪農振興会鶴居支部は26日、同管内鶴居村教育委員会に「牛乳券」を贈呈した。学校給食が休止する大型連休期間中、児童生徒らの健康管理と牛乳・乳製品の消費喚起を促すもので、児童と教職員272人分、27万2000円相当の目録を手渡した。

同委員会を訪れた同振興会の藤澤誠支部長は贈呈式で、生乳生産抑制を余儀なくされる理由などを説明。その上で「ゴールデンウイーク期間、牛乳・乳製品の消費喚起につながる起爆剤にしてほしい」と語った。

また、同支部は保護者らにも文書で、年末年始や冬、春休みなどに消費が低迷することで、処理不可能乳発生の心配や生乳生産抑制に取り組まざるを得ない状況なども訴えた。

2022/04/30(土) 日本農業新聞 ワイド2北海道